• HOME
  • 開業資金調達

開業資金調達

開業資金調達

弊社では、ドクターの夢を実現するために、現実的な経営計画から資金調達のプランを立案し、実際に銀行につないで開業資金の融資をより条件よく受けられるよう完璧にフォローします。
資金調達は自己資金(余裕があれば)、借り入れ、リース枠の組み合わせで行ないます。
借り入れについては、地方銀行から信用金庫まで、現実的な経営計画でおつなぎして開業資金調達を行なうことができます。地元東海地区の各金融機関とのお付き合いの長い弊社の母体である浅野会計事務所の一番得意とするところです。

融資につながるカギは、公的な金融機関、地域の金融機関と浅野会計事務所の開所以来永きにわたる強い信頼関係です。商工会の経営指導員として培った経験を活かし、たくさんの融資成約実績を納めてまいりました。

金融機関が新規開業するドクターを評価するポイントは、資金計画だけでなく、将来設計は確かか、事業者としての資質はどうか、スタッフをまとめるリーダーシップがあるか、患者さんへの応対はできるかといったヒューマンファクターまで及びます。そうしたところまでフォローして「このドクターなら融資しても大丈夫」と評価をしてもらい、審査をクリアできるようにします。

弊社は母体の浅野会計事務所と連携しながら資金調達のプランを立案してサポートいたします。

浅野会計事務所はこれまでに、高い融資成約率でクライアント様のご要望にお応えしており、ノウハウと信用で、ドクターのみなさまが一番頭を悩ませる開業資金問題の解決をサポートしてお喜びいただいております。

できるだけ資金を掛けずに医療を考える

開業資金を調達すると、ほしいものをなんでも買い込もうとするドクターは少なくありません。
高額な医療機器などの購入は十分に検討することが必要です。どうしても購入したいものがあればご予算内で購入できるもの、また、他の医療機器を諦めるなど検討する必要があります。
大切なのは目先の運転資金です。スタートアップ期はなにより資金ショートしないことのほうが大事です。十分に余裕を持った資金計画を考えましょう。